公益社団法人青少年育成広島県民会議

会員募集

青少年育成カレッジ

平成30年度総合講座開催のご案内

公益社団法人青少年育成広島県民会議では,公立大学法人県立広島大学と連携して,「青少年育成カレッジ」を開講しております。
青少年の心と健康,行動などを理解し,すこやかに育むための知識や手法を学びませんか。「わかりやすい」と受講者からは好評です。

受講資格 広く青少年に関わる活動や仕事をしている方
青少年育成活動に関心のある方
受講料 無料

募集要項はこちら

お申込フォームはこちら

平成30年度総合講座の概要

今年のテーマは「全ての子どもが安心して暮らせるように」とし,第1回は「子どもが抱える困難-私たちは何ができるか-」,第2回は「子どものためのちいさな支援-家族の機能が果たせない環境下の子どもたち-」として開講します。

第1回 平成30年10月6日(土)    10:00~15:30
第2回 平成30年12月1日(土)    10:00~15:30
定 員 各回100名(定員になり次第締め切ります)
会 場 サテライトキャンパスひろしま 5階 502大講義室
(広島市中区大手町一丁目5-3 広島県民文化センター)
アクセス
●JR広島駅から・・・電車,バスで約10分
●広島港から・・・電車,バスで約30分
(電車は「紙屋町西」,バスは「紙屋町」で下車)
●広島バスセンターから・・・徒歩約3分
●アストラムライン本通駅から・・・徒歩約2分
●山陽自動車道広島ICから・・・車で30分


公共交通機関を利用しておいでください。
(会場及び付近の駐車場は有料です)
第1回 平成30年10月6日(土)プログラム
「子どもの糧となるかかわり」
  時間 科目内容(テーマ) 講師
(敬称略)



10:00 オリエンテーション  
10:10
 ~
12:20
(途中休憩あり)
【子どもの糧となるかかわり】

子どもたちは,大人の言葉や行動から,自分に対する「視線」を敏感に感じ取って生活しています。大人のなにげない言動が,どのように子どもたちに受け取られ,行動や育ちにどのように影響していくのか,いろいろなタイプの子どもたちについて考えていきます。
永吉 美香
  12:20
 ~
13:20
   昼休憩  



13:20
 ~
15:30
(途中休憩あり)
【子どもの心の絆創膏とは~レジリエンスな生き方·育て方~】

15~39歳まで日本人の死因第一位は『自殺』という現状を踏まえ,どうすればストレスに強い次世代育成に繋がるのか。不登校の居場所づくり,いじめ問題,乳幼児虐待予防等,社会課題解決に向けての活動を通し,レジリエンス(逆境力)の育て方についてお話します。
宇治木 敏子
講師の紹介
永吉 美香 ながよしみか :  県立広島大学 保健福祉学部 作業療法学科 助教
宇治木 敏子 うじきとしこ :  特定非営利活動法人日本タッチ·コミュニケーション協会理事長
第2回 平成30年12月1日(土)プログラム
「子どもが食べ過ぎると起こること」
  時間 科目内容(テーマ) 講師
(敬称略)



10:00 オリエンテーション  
10:10
 ~
12:20
(途中休憩あり)
【子どもが食べ過ぎると起こること】

メタボリックシンドロームという診断や肥満症という診断がつく子どもがいます。大人だけでなく子どもにも食事や動くことのバランスが崩れると起こってしまいます。その原因の一つに周りの大人の関わりが大きく影響していることが言われております。本講座では,子どもの中で起こっている心身の変化や,周りの大人の関わり方などについて考えていきます。
吉岡 和哉
  12:20
 ~
13:20
   昼休憩  



13:20
 ~
14:20
【子どもから高齢者までの地域の居場所づくり】

『矢野の家』は空き家を解放し、地域住民の方々とともに、『健康であること』『楽しい暮らしであること』を目指しながら、高齢者だけでなく子どもも、大人も、どなたでも来ていただける地域の居場所です。家の前の畑を活用し、野菜の種まきから収穫·調理までを子どもたちにも体験させ、食への興味をもつきっかけづくりを行っています。食を通した多世代交流や第三の居場所づくりについてお話しします。
上  郁子
14:20
 ~
14:30
   休憩  
14:30
 ~
15:30
【子どもを育む多世代のつながり】

もちもちの木は古江と庚午の2か所で子育て世代支援事業を行っています。対象は未就園児とママ&プレママですが,地域の方や,もちもちの木の利用者(デイサービスやグループホーム)の方など,多世代での関わりも大切にしています。季節ならではの行事は,子どもだけでなく,大人や高齢者の方にも楽しめるものです。核家族が多い現代において,多世代で一緒の時間を過ごすことは,子どもたちにとっても,親世代以外と関わるとても大切な機会になると考えています。もちもちの木での活動や取組をお話しします。
工藤 亜紀江
講師の紹介
吉岡 和哉 よしおかかずや :  県立広島大学 保健福祉学部 作業療法学科 講師
上  郁子 うえいくこ :  矢野の家代表
工藤 亜紀江 くどうあきえ :  特定非営利活動法人もちもちの木 地域コミュニティ支援事業部 保健師

募集要項はこちら

お申込フォームはこちら