公益社団法人青少年育成広島県民会議

会員募集

県民会議とは

事業計画(平成30年度)

1活動方針

次代を担う子供たちが夢を持ち,健やかに成長し,未来社会の形成者としての自覚を高め,社会的に自立した個人として役割と責任を果たしていくことは県民全ての願いです。私たちは,各市町民会議や青少年育成団体と手を携え,子供たちを温かく見守り,支援ができる地域社会づくりを推進していきます。

人と人とのコミュニケーションを図っていくためには「あいさつ」は極めて重要であり,引き続き,身近な子どもたちへの「あいさつ・声かけ運動」を県内各地で展開して参ります。

2事業内容

(1)育成支援事業(公益目的事業1)
青少年及び青少年の健全育成を促進するための人材・組織の育成並びに支援に関する事業

区 分 事 業 内 容 事 業 費
(予定寄付金)
青少年育成  スポーツによる青少年健全育成を図るため,小学生の夢を応援する事業「ひろしまドリームプロジェクト」や,中学生が日頃思っていることなどを発表して伝える力を養うとともに,大人が中学生を理解する契機となる「少年の主張」を実施する。
 また,高校生·大学生等の青少年自身が参画して共に育つことを目的とした「青少年サポーター事業」を実施する。
 
  • ひろしまドリームプロジェクト
    ~オリンピックに夢を乗せて~
    小学生を対象に,プロスポーツ選手等による講習会・実技指導を開催する。
    [バレーボール] 6月23日(土)東広島運動公園
    指導者:
    日本たばこ産業(株)男子バレーボール部 JTサンダーズ
    [バドミントン] 7月27日(金)広島グリーンアリーナ
    指導者:
    広島ガス バドミントン部
1,316千円
(広島県遊技業防犯協力会連合会60万円)
  • 少年の主張
    広島県中学校話し方連盟と共催し,県内の全ての中学生を対象にした話し方大会を開催する。
      平成30年9月8日(土)
      エソール広島
1,351千円
(国際ソロプチミスト広島10万円)
(広島清流ライオンズクラブ10万円)
  • 青少年サポーター事業
    小学生·中学生の社会参画意識を醸成する取組において,高校生·大学生等をサポーターとして育成し,共に活動する。 [広島県と共催]
    実施時期:7月~10月(予定)
1,047千円
人材育成  青少年の育成に関わっている方や関心のある方を対象として,青少年の心と体,行動,環境などの理解を促進するため,県立広島大学と連携して「青少年育成カレッジ」を開催する。  
  • 総合講座
    青少年育成の人材を養成し,活動を推進するための講座を開催する。
    第1回 10月6日(土)
    第2回 12月1日(土)
    サテライトキャンパスひろしま
900千円
関係団体等
支援
 地域で青少年育成に取組んでいる団体等を支援するための事業を実施する。  
  • 実践委員活動事業
    地域の県民運動に参画し活動を支援するなど,県民会議の事業活動に協力する。 実践委員8名 
163千円
  • 青少年育成指導者派遣事業
    地域の学習会等に指導者を派遣し,育成活動を支援する。
    講師 18名
951千円
  • 県民運動推進助成事業
    市区町民会議の活性化を図り,地域の県民運動を推進する事業に対して活動費を助成する。
    4月募集 5月決定
4,816千円
  • 青少年育成地域リーダー事業
    地域での青少年育成活動や県民会議の事業等への参加を促進する。
    青少年育成地域リーダー189人
325千円
  • 市町民会議担当者連絡会議
    年度初めに県民会議の事業計画や予算などの説明を行い,事業の実施において連携を図る。
    5月22日(火)県庁会議室で開催
 

(2)普及啓発事業(公益目的事業2)
青少年の健全育成に係る情報を発信するとともに,活動の普及・啓発を図るための事業

区 分 事  業 事 業 費
(予定寄付金)
情報発信  青少年の健全育成に関する情報をホームページや機関紙などを通じて発信する。  
  • 青少年育成情報ネット「ゆっぴーネット」
    県民会議のホームページを活用して,青少年に関連する行事の開催状況,ボランティアの募集,相談などの情報を発信する。
894千円
  • 機関紙「せとのあさ」
    県民会議の情報を会員・関係団体等に提供し,県民運動の参加促進や普及・啓発を図るため,年2回発行する。
    発行部数 4,000部
    [7月発行]
    事業や育成活動の実施計画を掲載
    [2月発行]
    県民会議が実施した青少年育成に関する事業を掲載
3,355千円
  • 社会環境懇談会
    アミューズメント施設営業者協会など青少年を取巻く環境に係る関係機関と意見交換を実施する。
 
啓発事業  青少年の健全育成の機運を醸成するため,強調月間事業や「あいさつ・声かけ運動」を実施する。  
  • 「青少年の非行・被害防止全国強調月間」
    関係機関・団体と連携し,青少年の非行防止のための広報・啓発活動を実施する。
    7月実施
583千円
  • 「子供・若者育成支援強調月間」
    関係機関,関係団体と連携し,子供・若者育成支援に対する理解を深めるための広報・啓発活動を実施する。
    11月実施
570千円
  • 「あいさつ・声かけ運動」の推進
    「子供・若者育成支援強調月間」に合わせ県内3箇所で街頭啓発活動を実施する。
    11月実施
 
  • 「明るい家庭の日運動」の推進
    小・中学生を対象に「家庭・家族」をテーマとした作文・図画の募集を行い,優秀作品を表彰するとともに,作品集,ホームページ等に掲載する。
    夏季休業中に募集
1,310千円
(県内ロータリークラブ32万円)
  • 青少年育成県民運動推進大会
    青少年健全育成活動への意識を高め,県民運動の推進を図ることを目的として開催する。
    平成30年10月27日(土) 
    広島県民文化センター
2,810千円
表 彰  健全育成思想の普及・促進を図ることを目的とし,優れた行為のあった青少年及び地域で育成活動を続けている功労者・団体などを対象とした表彰を行う。  
  • 公益社団法人青少年育成広島県民会議表彰
    表彰の区分は青少年,育成功労者,育成功労団体,育成功労企業,模範活動団体,優良自主規制団体とし,定時総会において表彰する。
853千円
平成30年度収支予算書