公益社団法人青少年育成広島県民会議

会員募集

県民会議とは

県民会議とは

公益社団法人 青少年育成広島県民会議とは

青少年育成県民運動の推進母体として,昭和41年の設立以来,次代を担う青少年の健全な育成を図ることを目的に様々な事業を行なってきました。

昨今の多様化した青少年をめぐる問題に,国,県,市町村の行政や青少年団体など関係機関と連携して,県民総ぐるみの育成運動に取り組んでいます。

平成23年4月1日付けで公益社団法人に移行し,果すべき役割がますます大きくなりました。

地域で子どもたちが感動を覚える場づくりを!

会長 上田 宗冏会長 上田 宗冏

今、青少年を取り巻く社会情勢は大きく変化しています。その中で「今の子どもたちには創造力がない。」とよく言われます。創造力は感動の回数だと思います。

いかに子どもたちがたくさん感動しているかという,その感動の回数が創造力ですから,感動もない子どもに創造はできないのではないでしょうか。

やはり大人が地域を再構築し,子どもたちが感動を覚える場づくりをしなければいけません。そこで育った子どもたちが,次の時代を背負うわけですから。

忙しくて出来ないといった甘えを大人は捨てて,子どもたちのために半歩,あるいは一歩できることを頑張ってやってみましょう。その積み重ねが子どもたちに感動を与える活力ある地域になると思います。

県民会議では,青少年育成地域活動を支援しています。みなさん,共に頑張りましょう。

概要

設立
昭和41年12月 7日
法人格取得
平成 2年10月21日 社団法人
平成23年 4月 1日 公益社団法人へ移行
育成積立金
5億円(平成3年度設立)
会長
上田宗冏(上田宗箇流家元)

組織図

組織図